わきがを抑えよう

わきがや多汗症を抑えたいと思っている方、美容皮膚科へ。 - 美容皮膚科でのニキビ痕治療の実際

美容皮膚科でのニキビ痕治療の実際

ニキビ痕に悩んでいる人は多いと思います。
インターネットの情報や雑誌での情報は参考になるかもしれません。
ですがお肌の状態は個人個人差があります。
間違ったケアをしていると修復できないようになってしまいますから安易に考えるのは止めておきましょう。
専門医に相談するのが一番です。
今回は【美容皮膚科でのニキビ痕治療の実際】についてご紹介しますので参考にしてみてください。
■赤ニキビに対するアプローチ
ニキビ痕が赤く残っている場合は「ライムライト」や「ロングパルスヤグレーザー」などの光治療器を使うことが多いです。
従来はとても激しい痛みがあったのです。
けれども最近の機種は痛みもなくリラックスして治療に専念できます。
ダウンタイムもストレスもないですから安心してください。
※ダウンタイム=日常生活制限のことです。
光治療器にプラスしてピーリング剤で赤味を抑えたりします。
半導体レーザーを使って炎症を沈静化するアプローチもあります。
「メソポレーション」と呼ばれる医薬成分の浸透導入も効果的です。
■色素沈着へのアプローチ
メラニン色素によって茶色く変色してしまったお肌の色味を薄くする治療が有効です。
深く沈んだ色素を分解する方法の「ラーザートーニング」のアプローチが効果的です。
前述した、「ライムライト」や美白効果の高い「ケミカルピーリング」医薬成分の浸透導入に「メソポレーション治療」と実施します。
■クレーターへのアプローチ
クレーター状になって損傷して形が固定化してしまったお肌を慎重にケアします。
ミクロのレーザーを利用します。
少しずつニキビ痕を除去しながらお肌のリフォームをするのです。
「フラクセルレーザー2」を使ってケアするのがいいのではないでしょうか?
症状によって凸凹の硬さや深さや形がことなります。
フラクセルレーザー2を使って照射密度を細かくコントロールして出力調整をしてケアします。
同時に角質をなめらならかにするために「ケミカルピーリング」と「メソポレーション」と組み合わせます。
■まとめ
これ以外にケロイド状態になっているニキビ痕には「沈静治療」のアプローチが一般的です。
症状の程度を美容皮膚科の医師が見ながら「ロングパルスヤグレーザー」や「半導体レーザー」や「ステロイドテープ」「メソポレーション」を組み合わせます。

関連する記事

Copyright(C)2015 わきがを抑えよう All Rights Reserved.