わきがを抑えよう

わきがや多汗症を抑えたいと思っている方、美容皮膚科へ。 - 美容皮膚科に通院してわきが・多汗症を治療する

美容皮膚科に通院してわきが・多汗症を治療する

わきが・多汗症は夏場になると特に気になるでしょう。
デリケートな悩みで憂鬱(ゆううつ)になる女性も少なくありません。
夏前になると腋汗に関する対策のコマーシャルがでてきます。
今回は【美容皮膚科に通院してわきが・多汗症を治療する】をテーマにお話します。
■わきがとは……
腋の下に存在している「アポクリン腺」からでてきたものが、細菌によって分解されます。
脂肪分や「エクリン腺」から分泌されたものと混合することによって、とってもキツイ臭いを発生させます。
遺伝も影響があると言われていますが、主な原因は「アポクリン腺」が発達して密度が広範囲にあることです。
病気とはみなされませんが、体臭が気になるので精神的なストレスも感じてしまうでしょう。
■多汗症とは……
わきがとよく似た症状ですが、多汗症の場合は臭いというよりも汗そのものの分泌が多いのが特徴です。
洋服の脇の部分にシミができてきます。
お洒落なファッションができないので、これも女性にとってはシリアスな問題です。
■美容皮膚科では「わきが」をどのように治療するのか?
1番目は<患部が軽度の場合>です。
脱毛専門のレーザーを利用して毛穴を破壊します。
こういった施術をすることで臭さが軽減するのです。
5分程度の施術時間ですから、無理なく通院できるでしょう。
2番目は<患部が中度の場合>です。
この場合は毛根の部分にレーザーを差し込みます。
そして、「わきが」の原因物質を燃焼させてしまいます。
30分の施術時間で入院する必要もありません。
■美容皮膚科では「多汗症」をどのように治療するのか?
多汗症の原因の「エクリン線」と除去するのはとても難しいですし外科的手術は身体への負担も大きいです。
それよりも交感神経の作用を緩和するボトックス注射を入れる方法がお薦めです。
これによって汗の分泌を抑えることが可能です。
医療レーザーを利用して交感神経を緩和することもできます。
自律神経の機能が正常化すれば汗の分泌を抑えることが可能です。
■まとめ
本人にとってはシリアスな悩みですが、気軽に美容皮膚科に相談しましょう。
びっくりするほど簡単に悩みを解決することができるかもしれません。

関連する記事

Copyright(C)2015 わきがを抑えよう All Rights Reserved.